トップページへ What's New 例会変更案内 掲示板 週報 会員・役員 会員ページ 入会案内 リンク 年間スケジュール 事務局だより
ご案内 会長挨拶
概  要
会長挨拶
活動内容
あ ゆ み
クラブ運営方針
会長 木原一志
  鳥取西ロータリークラブは創立39周年を迎えます。
諸先輩方が努力と栄知でその道を切り拓き、築き上げられてこられたクラブの良き伝統を受け継いで、今鳥取西ロータリークラブはその光を放っています。
 全ての会員とともに今後も相互の更なる親睦と信頼関係、そして更なる友情と団結の基に高い倫理感を保ちながら友愛と奉仕の理念を実践していかなければなりません。
併せて、次年度に控えている40周年記念事業という大きな節目に向けての準備に全員が心を一つに取り組みます。
=|2019のバリー・ラシンR1会長はテーマとしての「インスピレーションになろう」で“他の共鳴を得よう”“素晴らしい心に響くロータリアンになろう”“直面する課題に希望と想造性をもって立ち向かう意欲をもとう”と述べられています。
 そして“チャレンジしよう”という地区スローガンには、我々は常に変革し前進していななければならないという意味が込められているものであるととらえます。
 その実践のためには会員個々が一人一人のロータリアンとしての意識と自覚を更に高めて活動することと併せ、積極的に楽しんで出席できる例会づくりを行っていくことが大切であると考えます。
 一人一人がクラブの中、例会の中で、そして組織の中、地域の中で、個々にそして職業人として更なる自己啓発と研鑽を図っていくことが出来、例会に戻れば会員相互が穏やかな雰囲気の中で人生の喜びを伝え合い、そして、ロータリアンとしての役割を、自らを、改めて見つめ直すことができるようなクラブづくりを目指していくことをもって本年度の運営方針とします。
本年度の基本的な運営方針
1.40周年記念事業に向けての会員が一つになっての準備を行いたいと考えます。
1.会員増強 純増3名を目標とします。
1.他クラブとの姉妹縁組、友好関係を結ぶ
1.地区補助金プロジェクト他、継続事業を行うに向けての準備委員会を立ち上げたく考えます。
1.ロータリー財団及び米山記念奨学金への支援
ロータリー活動を円滑なものとするため会員一人当たり$150+を目標とします。
1.ロータリーカードの普及促進を図ること
1.ロータリーカードの普及促進を図ること楽しんで出席できる例会づくりの為にまず会員相互のしんぼくを更に図ること
1.DMの更なる内容充実を図ること
1.公共的イメージの認知度向上のために更なる広報活動の充実を図ること